財団法人神奈川県予防医学協会―総合健康管理機関として健康診断・検診、そしてメンタルヘルスや保健相談でみなさまのご支援をいたします。
     

 

TOPページに戻る
MENU

検査について

検診について

"健康かながわ"から

情報ライブラリ

組織概要

検診検査の実績

業務・財務の資料

リンク集

検診・検査

VDTと疲労防止

シックハウス対策

レジオネラ属菌検査のお知らせ

前立腺がん検診

アスベスト対策

中央診療所

中央診療所の紹介

禁煙外来

神奈川県予防医学協会のメンタルヘルス支援

糖尿病外来のお知らせ

近辺のご案内

集団検診センター

集団検診センターのご紹介

フロアー案内

インフォメーション

かながわ健康支援セミナー

健康ライフ倶楽部

各種パンフレットをご送付―詳しくはコチラをクリック

 

 
早期発見・暮らしに生かす人間ドック―詳しくはコチラをクリック 政府管掌健康保険にご加入の方の健康診断―詳しくはコチラをクリック あなたの体はあなたが守る婦人検診―詳しくはコチラをクリック たばこをやめたいあなたを応援―詳しくはコチラをクリック
 
情報ライブラリー
最新の健康管理・健康づくりに関する情報を提供します。
 

1.はじめに

職場のOA化だけでなく、学校や家庭にもインターネットが急速に普及しています。パソコンのようにディスプレー画面を見てキーボード操作を行う作業を「VDT作業」といいますが、厚生労働省の調査によると、このVDT作業に従事する人の多くが眼の疲れや腰痛・肩こりを訴えています。

2.VDT作業は有害業務?

労働安全衛生法に定められている有害業務にVDT作業はありません。 VDT作業に伴う訴えの多くは、一種の疲労症状といえます。疲労を防止しながら楽しく、効率よくVDT作業を進めましょう。

3.VDT作業と疲労

VDT作業による疲労の主なものは、「視作業」と「姿勢の拘束」から生じます。

@眼の疲れ→疲労の蓄積→眼精疲労(頭痛、その他)  
画面を見つめてまばたきが減少→ドライアイ(眼の乾燥感)、上目づかいで見た場合も、まばたきが減少します。室内の乾燥状況によっても影響があります。

Aキーボード作業による指の疲れ→疲労の蓄積→腕・手の痛み・しびれ、腱鞘炎等  
キーボードが高すぎる等で手首を開扇(逆ハの字)して操作すると、手首に負担がかかって指先にしびれを生ずる手根管症候群を呈したり肘から肩にかけて痛みを感じることがあります。

B同じ姿勢を続ける→肩こり、背筋痛、腰痛

C精神的な症状
 
●テクノ不安症  コンピュータ作業に関する学習への強い不安・抵抗・拒否といった  テクノストレスの一態様です。コンピュータ作業を始めて間もない人やまだコンピュータを操作していない人に多くみられます。  
●テクノ依存症  コンピュータ作業を勤務時間だけでなく、帰宅後も継続して寝る時間をも縮めて行う、といった過剰適応症をいいます。