財団法人神奈川県予防医学協会―総合健康管理機関として健康診断・検診、そしてメンタルヘルスや保健相談でみなさまのご支援をいたします。
     

 

TOPページに戻る
MENU

検査について

検診について

"健康かながわ"から

情報ライブラリ

組織概要

検診検査の実績

業務・財務の資料

リンク集

検診・検査

VDTと疲労防止

シックハウス対策

レジオネラ属菌検査のお知らせ

前立腺がん検診

アスベスト対策

中央診療所

中央診療所の紹介

禁煙外来

神奈川県予防医学協会のメンタルヘルス支援

糖尿病外来のお知らせ

近辺のご案内

集団検診センター

集団検診センターのご紹介

フロアー案内

インフォメーション

かながわ健康支援セミナー

健康ライフ倶楽部

各種パンフレットをご送付―詳しくはコチラをクリック

 

 
早期発見・暮らしに生かす人間ドック―詳しくはコチラをクリック 政府管掌健康保険にご加入の方の健康診断―詳しくはコチラをクリック あなたの体はあなたが守る婦人検診―詳しくはコチラをクリック たばこをやめたいあなたを応援―詳しくはコチラをクリック
 
■印刷に適した画面に移動します → 印刷専用ページへ>>>>

コリンエステラーゼ(ChE)
肝機能、脂肪肝、有機リン剤中毒の指標

人には大別してアセチルコリンを特異的に分解するアセチルコリンエステラーゼ(AChE)とコリンエステルのほか種々のエステルも分解する非特異的コリンエステラーゼ(ChE)が存在します。AChEは神経組織、赤血球、筋肉などに存在し神経の刺激伝達に関係しています。一方、ChEは血清、肝臓、膵臓などに存在しています。健診や臨床検査ではこの非特異的なChEを測定しています。

血清中のChEは大部分が肝臓でつくられて血中に遊出したものであるため、肝機能を反映すると考えられています。このため肝硬変や慢性肝炎、肝がんなどで肝機能が低下するとChEも合成されなくなり血清ChEの活性は低下します。

関連する疾患
(ChEが低下) 肝硬変・慢性肝炎・肝がん
(ChEが上昇) 糖尿病、甲状腺機能亢進症、脂肪肝、肥満

基準値
215-511 IU/L

+アルファの豆知識
その1
まれに身体のどこも悪くないのにChE活性が非常に低い人がいます。これはChEの遺伝子の一部が変異して活性のほとんどないChEが作られているためです。この人たちは普段の生活には何ら支障はありませんが、歯科で抜歯のときなどに使用する麻酔剤を分解できず呼吸困難になる場合もあり、このことを本人が知っていることが大切です。また、遺伝的にChE活性の高い人もいます。一部の麻酔が効きにくいことなどありますが日常生活を送る上では問題ありません。

その2
農薬などの有機リン剤中毒でAChEやChE活性は低下します。