財団法人神奈川県予防医学協会―総合健康管理機関として健康診断・検診、そしてメンタルヘルスや保健相談でみなさまのご支援をいたします。
     

 

TOPページに戻る
MENU

検査について

検診について

"健康かながわ"から

情報ライブラリ

組織概要

検診検査の実績

業務・財務の資料

リンク集

検診・検査

VDTと疲労防止

シックハウス対策

レジオネラ属菌検査のお知らせ

前立腺がん検診

アスベスト対策

中央診療所

中央診療所の紹介

禁煙外来

神奈川県予防医学協会のメンタルヘルス支援

糖尿病外来のお知らせ

近辺のご案内

集団検診センター

集団検診センターのご紹介

フロアー案内

インフォメーション

かながわ健康支援セミナー

健康ライフ倶楽部

各種パンフレットをご送付―詳しくはコチラをクリック

 

 
早期発見・暮らしに生かす人間ドック―詳しくはコチラをクリック 政府管掌健康保険にご加入の方の健康診断―詳しくはコチラをクリック あなたの体はあなたが守る婦人検診―詳しくはコチラをクリック たばこをやめたいあなたを応援―詳しくはコチラをクリック
 
■印刷に適した画面に移動します → 印刷専用ページへ>>>>

血中尿素窒素 BUN 腎機能・蛋白摂取の指標
尿素窒素は蛋白質終末代謝産物で、腎臓から排出されます。このため腎臓の働きが悪くなると高値になりますが、それ以外に蛋白質の取りすぎ、脱水、消化管出血等でも高値になります。

食事中の蛋白や、からだの筋肉など蛋白が分解されるとアンモニアが発生します。アンモニアは毒性が非常に強いので、肝臓で無害な尿素に作り替えられて腎臓から尿として排泄されます。ヒトの場合、体外に排泄される窒素量の80〜90%を尿素が占めており窒素排泄の主要経路となっています。腎臓からは一日に約20〜35gの尿素が排泄されています。

血中に存在する尿素の量を窒素の量で表したものを血中尿素窒素(BUN)と呼んでいます。BUNは腎機能の指標としてクレアチニンと並んで臨床検査に用いられています。

関連する疾患
(BUN高値)
腎疾患
おおきな火傷や外科手術、大量の消化管出血、甲状腺機能亢進症、悪性腫瘍など組織蛋白の分解が亢進している場合
下痢、嘔吐過度の発汗、利尿薬の服用など脱水状態で血液の量が減少した場合
(BUN低値)
重症肝障害(尿素はほとんどすべて肝臓で作られるため、その合成が減少するから)

基準範囲
8〜20mg/dl

+アルファの豆知識
その1,
BUNが問題となるのはほとんどが増加する場合であり、8mg/dl以下に減少することはほとんどありません。しかし、妊娠では胎児の成長に蛋白が消費されるために妊娠6ヶ月から9ヶ月にかけて母体のBUNは5mg/dl程度まで低下することがあります。妊娠により血液の量が増えることもBUN低下の一因となっています。

その2
食事として蛋白を多くとったときにもBUNは増えますが、腎機能が正常のヒトでは、その影響は3〜5mg/dl程度だと言われています。