財団法人神奈川県予防医学協会―総合健康管理機関として健康診断・検診、そしてメンタルヘルスや保健相談でみなさまのご支援をいたします。
     

 

TOPページに戻る
MENU

検査について

検診について

"健康かながわ"から

情報ライブラリ

組織概要

検診検査の実績

業務・財務の資料

リンク集

検診・検査

VDTと疲労防止

シックハウス対策

レジオネラ属菌検査のお知らせ

前立腺がん検診

アスベスト対策

中央診療所

中央診療所の紹介

禁煙外来

神奈川県予防医学協会のメンタルヘルス支援

糖尿病外来のお知らせ

近辺のご案内

集団検診センター

集団検診センターのご紹介

フロアー案内

インフォメーション

かながわ健康支援セミナー

健康ライフ倶楽部

各種パンフレットをご送付―詳しくはコチラをクリック

 

 
早期発見・暮らしに生かす人間ドック―詳しくはコチラをクリック 政府管掌健康保険にご加入の方の健康診断―詳しくはコチラをクリック あなたの体はあなたが守る婦人検診―詳しくはコチラをクリック たばこをやめたいあなたを応援―詳しくはコチラをクリック
 
■印刷に適した画面に移動します → 印刷専用ページへ>>>>

ケトン体  糖尿病の管理状態の指標

アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸のことをまとめてケトン体といいます。ケトン体は脂肪の分解により肝臓で作られ、血液中に出されます。ケトン体は心筋、骨格筋、腎臓などさまざまな臓器でエネルギー源や脂肪の合成に再利用されますが、肝臓はこれを利用出来ません。 体内にケトン体が増加する状態をケトーシス(ケトン症)といいます。また、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸は比較的強い酸であるためケトアシドーシス(ケトン体の蓄積により体液のpHが酸性に傾くこと)とも呼ばれています。 このような状態は血糖を下げるホルモンであるインスリンの欠乏や、ストレスが原因で脂肪組織から脂肪酸が作られ、その約半分が肝臓でケトン体になることにより起こります。

関連する疾患

ケトアシドーシスは糖尿病、高脂肪食、絶食(または飢餓)、運動、外傷や大手術、発熱などで見られます。これらの場合にはからだがエネルギー補給のためにブドウ糖や、グリコーゲンのような糖質よりも脂質を利用していることを意味しています。

糖尿病患者の場合、尿ケトン体が陰性ならば糖尿病の管理は良好であり、尿ケトン体が陽性ならば管理状態は不良で、詳しい検査が必要と判断されます。 尿中と血中のケトン体を検査することにより、糖尿病性ケトーシスの状態をより詳しく知ることが可能となります。一般に腎臓の障害がない限りケトン体は血中よりも尿中の濃度の方が高いため、軽症のケトーシスでは尿のみにケトン体が出現します。しかしこれが重症になりますと、血中、尿中共に多量のケトン体が出現するようになります。
+アルファの豆知識
肥満者が体重コントロールのために絶食のような無理な食事制限をした場合にも尿中ケトン体は陽性になります。また、健常人が激しい運動をした場合にも一過性に血中ケトン体は増加します。