財団法人神奈川県予防医学協会―総合健康管理機関として健康診断・検診、そしてメンタルヘルスや保健相談でみなさまのご支援をいたします。
     

 

TOPページに戻る
MENU

検査について

検診について

"健康かながわ"から

情報ライブラリ

組織概要

検診検査の実績

業務・財務の資料

リンク集

検診・検査

VDTと疲労防止

シックハウス対策

レジオネラ属菌検査のお知らせ

前立腺がん検診

アスベスト対策

中央診療所

中央診療所の紹介

禁煙外来

神奈川県予防医学協会のメンタルヘルス支援

糖尿病外来のお知らせ

近辺のご案内

集団検診センター

集団検診センターのご紹介

フロアー案内

インフォメーション

かながわ健康支援セミナー

健康ライフ倶楽部

各種パンフレットをご送付―詳しくはコチラをクリック

 

 
早期発見・暮らしに生かす人間ドック―詳しくはコチラをクリック 政府管掌健康保険にご加入の方の健康診断―詳しくはコチラをクリック あなたの体はあなたが守る婦人検診―詳しくはコチラをクリック たばこをやめたいあなたを応援―詳しくはコチラをクリック
 
■印刷に適した画面に移動します → 印刷専用ページへ>>>>

便潜血検査  消化管出血の指標

 肉眼的に明らかな出血の場合、黒色便では食道や,胃などからの出血が、血便では小腸下部、大腸、肛門などからの出血が疑われます。目に見えない出血すなわち潜血が陽性の場合にも食道から肛門までの間の出血が考えられます。
 大腸がんのスクリーニング検査には免疫法による便潜血検査が利用されています。大腸がん検診では100 ng/ml(1ml中に1000万分の1グラム)前後をカットオフ値としています。この値以下から大腸がんはほとんど発見されていません。この値以上になった人を精密検査の対象とすると受診者の約5%が対象となり、その中の半数以上から大腸ポリープが発見され、更に約2%からがんが発見されているので有効な検査法となっております。

+アルファの豆知識

  従来の便潜血検査では血液中のヘモグロビンを化学的に測定する方法が用いられてきました。この方法は非常に鋭敏で、便に血液がごく微量混じっていても検出が可能です。その反面、必ずしもヒトのヘモグロビンに特異的ではなく、食物として食べた肉や緑色野菜、薬物などとも反応して偽陽性が見られるため、検査前には厳密な食事制限が必要でした。  
 
  1970年代になって、抗体を用いて糞便中のヒトヘモグロビンを特異的に検出する免疫法が開発されました。しかし、この方法にも弱点があります。ヘモグロビンは糞便中では壊れやすく、免疫法では壊れたヘモグロビンは測定できません。正確な検査結果を得るには便を採ったらなるべく早く検査にまわすことが大切です。検査するまでの期間もなるべく涼しいところに保存するなどの配慮が必要です。
 また、食道や胃、上部小腸からの出血では血液の腸管での滞留時間が長いのでその間にヘモグロビンは分解され、免疫法では検出されにくくなります。