個人向けサービス
活動のご紹介

産業保健サービス

産業保健サービスは事業場の状況に応じて、総合サービス、部分サービスを提供いたします。
事業場のご要望に合わせたサービスを提案いたします。

●お客様の多様なニーズにお応えできる2つのサービス

総合サービス

年間契約(保健師)
専任保健師が一年を通して継続的な健康管理支援をおこないます。事業場に心身の健康管理窓口が出来ることで事業場の健康意識向上と安心感をご提供できます。

部分サービス

短期契約(保健師)
健康相談や健康教育のみなど、必要な内容だけを選んで実践できる単発支援事業もおこなっています。

※各サービスのボタンをクリックしてください。
安全衛生委員会参加 職場環境づくり 職場巡回 衛生教育 産業保健スタッフとの連携 健康診断事後及び事後指導 健康診断時面接 保健指導及び健康相談 メンタルヘルス対策 過重労働対策 健康づくり 健康教育 産業保健計画策定への協力 総合サービス

各サービス説明

総合サービス

事業場における産業保健活動を実践していく専門職として関係スタッフと連携し支援します。

・従業員の方の身近な存在として、心と身体の両面から健康問題に取り組みます。
・個別の健康問題から事業場全体の集団健康問題に取り組みます。
・職場の環境改善、健康づくり、労働衛生教育等へ協力をします。

職場環境づくりへの支援

『快適職場作りを支援します』
働く人の安全や健康状態を各種保健活動より把握し、快適な職場づくりを支援いたします。
快適な職場作りへ協力することで、労働者の健康の保持増進に努めます。

従業員の方、ご本人への支援

『セルフケアを促します』
面接による相談をもとに、本人が抱えている健康の問題や職場での悩みを把握し、 一緒に改善する方法を考えます。
また、現在健康な方についても自身の健康状態を確認し、より健康になるための健康づくりへの気づきを促します。効率的により多くの方のセルフケアを支援していけるよう、健康診断の機会を利用した保健師による 全員面接も可能です。

健康管理担当者の方、人事・労務担当者の方、管理監督者の方、(事業所内産業保健スタッフの方)への支援

『事業所内におけるケアの実践者を支えます』
従業員の方の不調や事業所内での日常の困りごとなど相談に応じます。
各種保健活動の実施評価、事業場の健康問題について一緒に考え、効果的プログラムやサービスデザインを提案します。

安全衛生委員会参加

安全衛生委員会は事業場の健康問題を検討する場です。その場に参画したり、情報提供を受けるなどして、委員会への協力を行います。
職場環境づくり

快適な職場環境をつくるために関係者と協力します。

職場巡回

職場における問題点を把握し職場内で従業員の方の健康状態に影響を与える要因を考えるために職場巡回を行います。

衛生教育

仕事における健康障害を予防するために業務従事者、管理監督者、安全衛生担当者等を対象として、教育を行います。

産業保健スタッフとの連携

事業場にとって役立つ活動ができるよう管理を行い、従業員の方が健康で働けることを目的として産業保健スタッフと密な連携をとった活動を行います。

健康診断事後措置および事後指導

従業員の方が健康で働けるように健康診断結果から健康状態を確認、ご本人にあった生活面の指導や受診勧奨など保健指導を行います。

健康診断時面接

従業員の方全員が受ける健康診断の機会を利用して、全員に保健師がお会いします。健康状態やストレス状態、1年間の過ごし方を確認し、今後の健康について考える時間とし、支援をします。

保健指導および健康相談

健康・仕事・生活上の悩みや問題について相談をします。

メンタルヘルス対策

働く方の心の健康の保持増進のためストレス状況を把握したり、相談・復職支援等を行います。

過重労働対策

脳・心臓疾患の発症を予防するため、十分な睡眠や休息の時間が確保できるように産業医と協力して支援します。

健康づくり

すべての働く方に心身の健康づくりの支援をします。

健康教育

従業員の方の健康保持・増進のため、個別あるいは集団に対して、セルフケア強化や健康に配慮する職場の風土づくり等の支援を行います。

産業保健計画策定への協力

保健活動の実施評価から、的確な産業保健サービスをご提案します。
中央診療所のご案内集団検診センターのご案内