個人向けサービス
サービス

健康管理型メンタルヘルスサービス

健康管理型メンタルヘルスサービスは事業場の状況に応じて、総合サービス、部分サービスを提供いたします。
事業場のご要望に合わせたサービスを提案いたします。

総合サービス

年間契約(保健師)
専任保健師が一年を通して継続的な健康管理支援をおこないます。事業場に心身の健康管理窓口が出来ることで事業場の健康意識向上と安心感をご提供できます。

部分サービス

短期契約(保健師)
職業性ストレス簡易調査やライフサポートクリニックなど、必要な内容だけを選んで実践できる単発支援事業もおこなっています。

※各サービスのボタンをクリックしてください。
image 職業性ストレス簡易調査 メンタルヘルス教育 ライフサポートクリニック 健診時面接 メンタルヘルス事例検討会 メンタルヘルス計画策定 総合サービス 職場環境づくりへの支援 従業員の方、ご本人への支援 健康管理担当者の方、人事・労務担当者の方、管理監督者の方(事業所内産業保健スタッフ)への支援


サービス説明

希望による相談・長時間残業者の相談・高ストレス者の相談・職場復帰者の相談など
総合サービス

総合的なメンタルヘルス相談窓口の開設

ライフサポートクリニック担当医師と専任保健師が、継続的な支援をします。年間を通じて支援することでより安心感が得られます。ご要望に応じて、事業場出張型、協会来所型の種類が選択できます。
メンタルヘルスの相談窓口を定期的に開設することにより、迅速に対応できます。専任保健師が対応することで従業員の方の身近な窓口となります。
ちょっとしたからだやこころの不調、日常の仕事の悩みなどに予防的な視点で対応することができます。必要時専門医へ紹介いたします。また、長時間残業者や高ストレス者、職場復帰者への支援もいたします。
職場環境づくりへの支援

『職場環境を改善することで、健康で快適な働きやすい環境について考えます』

職業性ストレス簡易調査票の活用による状況把握や事業場の業種別の健康問題、個別の面接で情報収集した健康問題等から、事業場にあわせてメンタルヘルス計画策定へのアドバイスや協力をします。また、メンタルヘルス教育を実施することで事業場全体の健康増進に寄与します。

従業員の方、ご本人への支援

『セルフケアを促します』

面接による相談を中心に、ご本人の抱えているこころの問題や職場での悩み、長時間労働による心身の不調を把握し、一緒に改善する方法を考えます。必要時には、専門機関へのご紹介もします。

また、問題を抱えている従業員のみならず、現在健康に過ごしている従業員の方に面談することで、自分のストレス状態の確認やより健康になるための気づきへの支援を実施します。メンタルヘルスの問題を抱えたときに、相談できる窓口を知ることができ安心にもつながります。

健康管理担当者の方、人事・労務担当者の方、管理監督者の方(事業場内産業保健スタッフ)への支援

『事業場内におけるケアの実践者を支えます』

「遅刻が多く最近部下の様子が心配」「簡単なミスがふえた」など、身近にいる方だからこそ気づける従業員の不調や事業場内の日常のお困りごとなどの相談に応じます。また、休業者の職場復帰や配置転換などの「就業上の措置」について、産業保健分野での経験のある医師からのアドバイスがほしいといった場合は、事業場の特徴に合わせて一緒に考えてまいります。

◆『職業性ストレス簡易調査票』
個人結果通知作成
集団解析と報告書作成
職業性ストレス簡易調査

健康診断時面接(保健師による全員面接)を併用し、職業性ストレス簡易調査票によるストレス状態の確認とストレスへの気づきの支援ができます。

職場のストレス状況を客観的に把握し、分析します。
個人結果通知のほか、仕事のストレス判定図、解説書、報告書を作成し、職場環境づくりへの支援をおこないます。

◆一般従業員教育
リラクゼーション
ストレスの気づきと対処法 
新入社員の健康管理
◆管理監督者研修
コミュニケーション・リスニング入門
管理職のメンタルヘルスの進め方
◆産業保健スタッフ教育研修への協力
メンタルヘルス対策の進め方
カウンセリング技法
メンタルヘルス教育

従業員を対象にセルフケア強化のための教育(リラクゼーション、ストレスの気づきと対処法)や管理監督者対象にコミュニケーションやリスニング技法、産業保健スタッフの教育・研修などの協力ができます。

内容は、事業場に応じてオーダーメイドで実施いたします。個別相談と健康教育との連動で事業場全体の健康増進が図れます。

◆ご本人の相談
メンタル不調者の相談
休業や職場復帰などの就業上の相談
専門医の紹介
事業場担当者や主治医、家族等との連携
◆管理監督者の相談
メンタル不調の部下への対応がわからない
管理監督者としての対応がわからない
自分のメンタルヘルスも気になる
◆人事労務担当者の相談
◆健康管理スタッフの相談
ライフサポートクリニック
(医師と保健師によるヘルスカウンセリング)

産業保健分野での経験がある医師・保健師が心身両面から対応いたします。必要時には、専門機関への紹介もいたします。

「こころとからだ」両面からの支援を実施し、ストレスへの気づきや事業場内での過ごしかた、無理なく復職できる方法などをご本人と一緒に考えます。必要に応じて事業場担当者や主治医、家族との連携を実施し、ご本人を取り巻く環境に対して配慮します。

また、事業場の担当者や管理監督者の方からの相談も受けます。休業者への対応や職場復帰などへのアドバイスを実施します。産業保健の経験を生かし、メンタルヘルス事例の対応をしている健康管理スタッフや人事労務担当者、管理監督者を支援します。「休業者・職場復帰者の対応がわからない」「メンタル不調者が多い」「主治医・産業医との連携で困っている」「会社のメンタルヘルス対策をどのように進めればよいかわからない」などの内容を相談できるのが最大の特徴です。

◆『職業性ストレス簡易調査票』活用による面接
◆その他、独自の問診票による面談
健診時面接
(保健師による全員面接)

健康診断の機会を利用し、従業員の方全員に保健師による面接を実施します。ここではセルフケアにつながるストレスへの気づきを支援します。

健康診断の機会を活用できるので、効率的に面接をすることができます。

こころの症状のように見えてからだの病気が潜んでいることもありますので、保健師が面接することで心身両面の支援ができます。

『職業性ストレス簡易調査票』活用による面接を実施します。

メンタルヘルス事例検討会

年3回、事業場の人事・労務担当者の方や健康管理担当者、事業場内産業保健スタッフの方が事例を持ち寄り、事例検討と情報交換をしています。参加は無料です。
ライフサポートクリニック担当医師・担当保健師が産業現場での豊富な経験を元に助言いたします。

メンタルヘルス計画策定

ライフサポートクリニック担当医師と保健師が事業場の状況を把握しアセスメントした上で、最適なメンタルヘルス事業についてご提案します。
中央診療所のご案内集団検診センターのご案内