法人向けサービス
腎臓病検診

当会は昭和38年より、県下はもとより全国のパイオニアとして児童生徒の尿検査による腎臓病検診を開始、弊会の検査方法が全国の集団検尿の基礎となっています。

50年には精度管理の向上と、検診から事後管理までを一貫した管理体制を図ることを目的とした「神奈川県学校・腎疾患管理研究会」が発足、当会はその事務局を担当し現在に至っています。

検査方法

当会で実施する学校検尿は、全県下統一した方法で行っています。一次検尿は蛋白、潜血検査を試験紙法で実施、さらに蛋白プラス(+)以上の陽性者にスルホサリチル酸法で確認検査を行っています。一次検尿陽性者は生理中で尿潜血陽性になったケースを除くため、7〜10日後以降に二次検尿を実施し、蛋白、潜血陽性者は沈渣鏡検を行います。また、二次検尿では、蛋白の偽陽性を少なくするため、蛋白試験紙検査に加えて、試験紙法によるP/C比(蛋白クレアチニン比)を実施しています。

尿検体は、おもに起立性蛋白尿を除くために早期第一尿(起床直後に採取した尿)採取を原則としています。また尿蛋白4+などの高度尿異常があった場合は緊急に再検査を行う至急再検や緊急連絡システムの体制をとっています。(図1図2(PDF)参照)

なお、二次検尿の判定基準は別表のとおりです。

●当会における二次検査判定基準と至急再検・緊急連絡体制

image

結果通知

個人結果通知は、メールシーラーにて作成し、プライバシーの確保をしております。

精度管理体制

●臨床検査技師のトレーニング体制

尿検査は、現在そのほとんどが検査測定器により自動化されております。しかしながらその一方、確認検査、精度管理等で臨床検査技師の判定手技(用手法)の維持向上が益々重要になっています。当会では検査技師全員に対し、年2回検査マニュアルの再確認と周知のための教育を行っています。また、尿試験紙、スルホサリチル酸法の判定等の手技についても担当技師全員が同一基準で判定するよう統一化を徹底しています。

●検査測定器及び試薬の管理

photo image検査測定機器は、尿自動処理機を4台保有しています。この尿自動測定装置は、学校検尿用として開発されたもので、尿の多数処理が可能となっております。また、尿試験紙に関しては、ロットによる変動を回避するため、同一ロットの試験紙を年間必要量確保しています。

●その他

当会は「神奈川県学校・腎疾患管理研究会」の事務局を担当しています。本研究会は、小児腎臓病専門医、自治体、大学、病院、学校、検診機関が相互に連携し腎疾患管理のあり方について調査、研究し児童・生徒の健康管理に寄与すべく活動しています。

Adobe Readerのダウンロード
※PDFファイルを閲覧されるには、最新版の Adobe® Reader® が必要です。
中央診療所のご案内集団検診センターのご案内